2017/2018 インフルエンザワクチン接種のご案内

プライマリータブ

2017/2018年度インフルエンザワクチン接種

ご案内

 

 

季節性4価のインフルエンザ・ワクチンとは?

2000年以来 毎年A型2種類以外にB型インフルエンザも2種類の流行が確認されております 近年流行しているB型ウイルスの中では ①Victoria型と ②山形型の2つのタイプがあり 今までの3価のインフルエンザワクチンはどちらか1種類のB型株しか含まれていません すなわち ある年のワクチンにはVictoria型の株しか含まれていないので 仮に山形型の流行があればワクチンを打っていても効果は有りませんでした 

2012年から使用されている季節性4価のインフルエンザ・ワクチンはA2(H1N1,H3N2)に加えB2種類 (Victoria型と山形型)4種類の株が含まれるワクチンです この数年間 アメリカ、ヨーロッパ、香港などの国々で使用された結果 4価ワクチンの副作用や注意点は3価ワクチンと変わらないが 4価ワクチンの効果の方が3価ワクチンより高いと評価をうけています 

当クリニックでは4価の季節性インフルエンザ・ワクチンのみ使用いたします 

20172018年度・季節性4価インフルエンザ・ワクチン

A型抗原

B型抗原

A型Michigan/45/2015/ (HN1)pdm09-like virus

A/Hong Kong/4801/2014/ (H3N2)like virus

B/Phuket/3073/2013

Like virus

B型:Brisbane/60/2008/

Like virus

       

 

4価ワクチン接種方法

(有効期間は約1年)

以前インフルエンザ

予防注射を受けた経験

2017-2018年度の

インフルエンザ予防注射の回数

有り

無し

毎年1回のみ

2回目必要(初回から4-6週間後)

9歳から成人

 

 

 

生後18ヶ月~8歳11ヶ月

 

生後6ヶ月~8歳11ヶ月

 

● 

 

2017/2018年度接種の詳細については分かり次第お知らせします。

 

例年通りワクチンを受けるに当たって注意が必要です

次の例の当てはまる方はワクチン接種を受けないでください。

過去にインフルエンザワクチンか他の予防注射で副反応が出た方は特に注意が必要

副反応の例:発熱 振るえ だるさ 筋肉痛 痛み 赤くはれる 温疹 ひきつけ等

当日 発熱若しくは体の調子の悪い方

気管支アレルギー 喘息 アトピー性皮膚炎 強度の卵アレルギーなどアレルギー体質の方で、治療中若しくは継続治療が必要な方は受けないでください。

 

ワクチンの予約は早めにお勧めします

例年通りワクチン入荷数の保障が無いため 

ご希望に添えない場合もございます 

あらかじめご承知置きください 

 

Influenza Vaccine Subsidy Scheme

流感疫苗資助計劃 インフルエンザワクチン補助制度

  この制度を使用しないインフルエンザ・ワクチンの接種はすでに始まっていますが、

  この補助制度を利用しての接種は政庁の指示により    年  月  日以降より予約を受け付けます

 

 当クリニックで2017/2018年度・香港政府・季節性インフルエンザ・ワクチン接種補助制度がご利用いただけます

 

 対象者:

  • 詳しくは香港衛生局のウェブサイトをご覧くださいhttp://www.chp.gov.hk/en/view_content/46107.html

  • 対象資格に該当する方は政府補助により 自己負担金 HK200かかります  現金のみの支払いとなります クレジットカード 会社請求 キャッシュレス・サービス等での支払いはご利用いただけませんのでご注意下さい

  • この際の診察はインフルエンザ接種関連の診察とワクチン接種のみとなります あらかじめご了承下さい

  • 必ずワクチン予約の際、受付にインフルエンザワクチン補助制度を使用するとお伝え下さい

  • 香港衛生署への提出書類作成と準備がございまので お一人当たり30分以上の時間は必要と予測されます ご注意下さい

 

 対象となる方は:

 お子様

  1. 年齢6ヶ月以上から香港小学校6年生【基本12歳まで】

  2. 香港出産証明書 もしくは

  3. 香港小児IDカード もしくは

  4. 有効な香港在住ビザ(家族ビザ等)が有るパスポート

  5. 12歳以上で香港の小学6年生の方は香港学生証明書が必要です (11-12歳で中学生の方対象外)

  6. 対象外:香港の観光ビザやビザ免除での短期滞在者や中国本土滞在者

 

 65歳以上の方

  1. 有効な香港IDカード(パーマネント若しくは家族ビザ等滞在ビザ所持)

 2.対象外:香港の観光ビザやビザ免除での短期滞在者や中国本土滞在者。

 

 詳しくは次記の香港衛生署のウェブサイトをご覧ください。http://www.chp.gov.hk/en/view_content/46107.html


 

 (852)2890-8027  mail@drcham.hk  診療時間:9:00-18:00